Englishカートを見る

ザク斬り!

商品番号tk004204
商品名

RX-78(通称ガンダム) / 白・青・赤・黄
MS-06(通称量産型ザク) / 緑
MSN-00100(通称百式) / 金・黒・えんじ

価格

¥52,500(税込)

限定数

サイズ

φ280mm

素材

プラモ、ひも(ワイヤーや糸など)

支払方法

先払い
銀行振込・クレジットカード決済(PayPal)

送料

一覧表をみる >

納期

約1ヶ月

備考

この商品は返品不可とさせていただきます。
写真の色は実物と異なる場合があります。
シャア専用モビルスーツなどの別注や、現物支給でのオリジナルアクセサリーの製作も承ります。価格は要見積のためお問い合わせ下さい。

バイヤーヤマダユウ

みねさんのネックレス

昨年10月から今年1月まで東京都現代美術館(通称MOT)で開催されていた企画展示「SPACE FOR YOUR FUTURE. - アートとデザインの遺伝子を組み替える」に、唯一ジュエリーのジャンルで出展していたみねさんの作品。その展示を見た密買東京の同僚バイヤーであるチバさんより、「あのネックレスやばいっすね!?作家さん知りませんか?」とのお話が。もちろん知ってますとも。自分、以前はジュエリー屋に勤めておりましたので。

と言う訳で、早速みねさんに連絡を取って、会ってから開口一番「展示してた作品、全部、東京都現代美術館に買い上げてもらっちゃった〜。」とのこと...。だって、東京都現代美術館ではジュエリーアーティストの作品展示も、ジュエリー作品のコレクション収蔵も初めてじゃないですか!?な、な、何とめでたい!!という気持ち反面、でも密買どうしよう...締め切り迫ってるし...今さらできませんなんてチバさんに言えやしないし...などと心中は全く穏やかではありません。

そんなちょっと複雑な気持ちで話を聞いていたところ、「あ、時間をちょっともらえれば同じもの作れるよ。」とのこと。え、ウソ!?だって全部手作業じゃないですか!できるの?ホント??頼もしげにみねさん「写真撮ってるから作れるってば。」と有り難い一言。神さま、仏さま、みねさま〜。

でも、冷静に戻って考えてみると、これはとんでもないことです。
だって、全てのパーツを手作業で切って、パーツを全く同じ形状に仕上げ、穴を開けて、しかもそのパーツを配置通り、正確に糸を通してネックレスにしていくんですよ!僕なんぞそれを考えただけで気が遠くなってしまう一方で、実際に作品を見る度に、ジュエリーアーティストという職能者の技術の高さと、ジュエリーというミクロの世界における、表現の豊かさにいつも感心してしまいます。僕の小宇宙(コスモ)もふつふつと燃え上がってきます。

tk004204_d10.jpg

ザクをザク斬り

tk004204_d11.jpg

ガンダムもザク斬り

tk004204_d12.jpg

百式もザク斬り

tk004204_d13.jpg

ガンダムバラバラ事件


dot_line.gif

見慣れたものに潜むいい形

みねさんこと嶺脇美貴子さんは、ヒコ・みづのジュエリーカレッジにてジュエリーデザイン、貴金属の加工を学んだ後、現在同校講師として勤務しており、学生たちと一緒に、さまざまな素材で作るジュエリーを楽しんでいます。「見慣れたものに潜むいい形」をテーマに、日常よく目にするモノや、誰もがよく知ってるモノをカットしてジュエリーを作っています。

お椀、ライター、コーヒーカップ、大根おろし、リコーダー、おもちゃ、ピストル、ウィンカー、ペン、携帯、パソコンなど、あらゆるものをメッタ斬りしている彼女が、既製品を使った独自のスタイルがきっかけとなった素材は、ガチャポンのパッケージだったそうです。色々な角度から斬っていくことでできるかたちや表情に魅せられ、そこから彼女の侍のようなカッティング人生が始まり、最近のプラモデルにまで至った訳です。

とは言え、ただ斬ると言ってもそれは簡単な話ではありません。機械で斬るには回転数が早すぎ、プラスチックなどの素材は溶けてしまう上、また複雑な形状をしているので固定も容易ではありません。そのため、全て手作業で糸鋸を使って切断しています。そして斬られたパーツに次はリューターという工具で穴を空けていきます。

一連の作業が終わったあと、形状がバラバラのパーツを、形や色のバランスを見ながらネックレスとして美しく配置し、糸やワイヤーで一つ一つを通してつなげていきます。こうしてバラバラのパーツは一つのネックレスとして、作品となっていくのです。

現在、みねさんは国内のみならず、ヨーロッパを中心に海外にもその活躍を広げ、オランダのフランソワーズ・ヴァン・デン・ボッシュ財団、オーストラリアのパワーハウスミュージアムにも彼女の作品は収蔵されています。

記憶に新しいところでは上述の東京都現代美術館の「SPACE FOR YOUR FUTURE」に出品し、出品作品はそのまま、美術館コレクションとなりました。そして今年の秋には東京国際フォーラムにて「キッズルーム」をテーマに個展開催予定です。またスワロフスキーやデュポンコーリアン、アッシュペー・フランス、ドコモなどの企業ともコラボレーションし活動を行っています。みねさんは今、最も活躍している日本人ジュエリーアーティストと言えるでしょう。そんな彼女の今後の活躍にも期待が膨らみます。

ジュエリーとは、ただ高価な宝石や価値の高い金属を使う必要はないのです。
希少性や金額的価値がなくても、あなたが大事に思うのであれば、プラスチックであっても、石コロであっても貴重なものであり、それを身に付ければジュエリーとなります。ガンダムが本当に好きな人であれば、いつもモビルスーツを身に付けたいと思うことは自然なことでしょう。

捨てられないような大事なモノ、でも普段使わないようなモノが、あなたの家にもあるかもしれません。みねさんに頼めば、そんなあなたの大事なモノが身に付けることのできるジュエリーとして生まれ変わるかもしれません。


tk004204_d20.jpg

みねさんです。

tk004204_d21.jpg

みねスタイルのきっかけとなったガチャポン作品

tk004204_d22.jpg

代表作「lighter’s」100円ライターをカットした指輪

tk004204_d23.jpg

ガンダム装着!



tk004204_d31.jpg

ザク装着!